忍者ブログ
GENKOTU-DAN OFFICIAL SITE
~稽古場覗き穴~ 
げんこつ団HP内“稽古場覗き穴”の団員ページ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

団長:大変です。広報担当"U田"さんから再びインタビューが届きました。
   各団員、雁首揃えて返答せよ。



―今回の公演タイトル『チルディズム』を初めて聞いたとき、どう思いましたか?

「基本的に題名は団長との話し合いで決まります。
 が、今回の題名は団長のごり押しです。
 が、今ではしっくりきてるしこれ以外考えられません。
 お気に入り。」

―稽古に際して、苦労されていることは?また、工夫されていることは?
 あるいは、実は全然苦労していないことは?


「稽古で苦労することはない。工夫してることもない。
 というか稽古場では役者というより
 演出家目線でいることが多い。自分に対しても。
 しいていえば演出通りにコトが運ばないと困ります。
 後できるまで何度も何度も同じシーンの稽古をするので
 興奮する役所だったりするとぐったりします。」

―最近、『チルディズム』になぞらえてくれたかのように、めっきり寒くなりました。
 健康に気をつけ、実行されていることはありますか?


「肉を食うこと。とりあえず肉を食べればなんとかなると思ってる。
 酒もタバコもやめられません。つうかやめる気は毛頭なし。」

―会場:下北沢のおすすめスポットや、観劇前後のオススメの過ごし方を教えてください!

「観劇前にカフェに入り、チラシを見ながらアレコレ妄想してください。
 観劇後にまたカフェに入り、見たものを反芻してニヤニヤしていただきたい。」

(以上、質問U田)
PR
<『チルディズム』における「大庭智子」>

出会ってから印象が一番変わったのはこの人。

げんこつは老若男女すべて網羅しなければならないのですが
いろんなタイプの老若男女がいるわけです。

自分の演じる老若男女は他の役者が変わりに演じても大差ないと思うが
大庭智子の真似をしろと言われたらギャッとなるのです。

今回チルディズム内でもひょうひょうと、
そして淡々と役柄をこなしていく大庭を是非見ていただきたい。

春原ともども絡みのシーンが少ないのがちと寂しい。

私は見た目にも暑苦しい熱血漢ですが大庭は見た目スッキリ、
いつでもそよ風が吹いていますが中身はアツイ人なのですよ。

って大庭智子本人の紹介ばかりになっちゃった。テへ

とにかくチルディズム内では静かな狂気で魅せてくれるはず。
お楽しみに。



団長:大変です。広報担当"U田"さんからインタビューが届きました。
   皆さん、雁首揃えて答えて下さい。ではどうぞ!




—げんこつ団、あるいは吉田衣里との出会いはどのようなものでしたか。

初めて会ったのは新宿のジャズ喫茶。
開口一番「ハゲづら大丈夫ですか?」とニコリともせず聞かれたので
真剣に「大丈夫です。」と答えた。
何年か経ってから初めて会った時の印象は顔が怖かったと告白されたが
私のほうが怖かったことは言うまでもない。

―げんこつ団の公演に参加することは、
 生活の何番目・何の次くらいに優先されていますか。
 なお、どんなに順位が低くても粛清などはされません。


基本的にチャンネルで切り替えて生活しているので順番なんてない。
が、一番無くなったら困るものかな。

―あなたから見て、吉田衣里ってどんな人?

何年付き合ってても謎な人です。だから一緒にやっていける。

―稽古後にしていることは?

LOVIと遊ぶ

―昨日の晩ご飯、なに食べた?



―好きなドゥーリヤスティックトワイゾンを教えてください。

左ななめ45度からの角度が格別。

―ドゥーリヤスティックトワイゾンとは何ですか?

そんなことここでは言えません。

―お客様へメッセージを。

ついてきてください。


(以上、質問U田)
<春原久子>

団長の次につきあいが長い春原。

穏やかな性格ゆえ客演の方々に人気です。
たまによくわからない所でスイッチが入り興奮するのがおかしい。
個人的にはシーンでの絡みが前より減ったのが寂しい。

あとビックリするほど体力がない。

舞台でのエネルギッシュな芝居からは想像できないが。
ダンス後は楽屋で屍です。

すごいのはそれなのに全力でやってしまうとこ。

げんこつの稽古はしつこいです。
できるまで何度も何度も同じシーンの稽古をします。

それでも全力投球。
やはり屍です。

真面目かと思いきやダンス練習のときは休み休み。
体力温存だと言い張るがどうぞ上手いことやってください。

あとげんこつの小道具はこの人の手によるもの。
A型気質をいかし細かい物でも作ってしまう。素晴らしい。

あと雑務も愚痴一つ言わずにこなしてくれる。
春原のおかげで私は随分楽になりました。

この場をかりて、さんくす!



<池田玲子・高園陽子>

なんだか初めて会ったのがずいぶん昔で
その頃の記憶を呼び起こすことができません。
二人ともげんこつメンバーといってもいいくらいだ。

まず池田玲子。

頑張り屋の残念な美人。しっかりさんのすっとこどっこい。
悪口じゃありません。
つまり憎めないキャラだということ。

そして高園陽子。

本人全く意識してないと思うがすごくげんこつ向きな役者である。
身体を使え、表情豊か。
そして真面目。真面目万歳。

そういった意味では今回のチルディズムメンバーは最強かも。

観に来るべし。







<< 前のページ 次のページ >>
■カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ブログ内検索
■バーコード
忍者ブログ [PR]